木目調の目隠しフェンス、おすすめの種類や魅力をご紹介

木目調の目隠しフェンス、おすすめの種類や魅力をご紹介

新築や中古住宅のプライバシー保護に役立つ目隠しフェンス。今や多くの商品がある中で、特に木目調のデザインは人気が高く、豊富なデザインがあります。だからこそ、木目調の目隠しフェンスを選んでいると、種類がありすぎて、どれにしたらいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

 

こちらの記事では、「木目調の目隠しフェンスにはどんな種類があるの?」「おすすめのタイプが知りたい!」という方に向けて、役立つ情報をお伝えします。家の外観や庭の雰囲気にぴったりの目隠しフェンスを選び、ナチュラルで心地よい住まいづくりをサポートしましょう。

1.木目調の目隠しフェンスの魅力

 

木目調の目隠しフェンスは、木ならではの温もりが魅力です。自然が溢れ、安らぎのある空間に、家族が家を見るだけでホッとする。そんな住まいづくりをお手伝いできます。

 

また、木目調の目隠しフェンスには、ガーデニングや植栽を引き立てる効果もあります。緑が生い茂り、草花が咲き乱れる様子を、優しく映し出してくれるでしょう。つる性の植物を絡ませたり、ハンギングバスケットを飾ったりすれば、より魅力的な空間づくりができますね。

 

2.木目調の目隠しフェンスの種類は?

 

木目調の目隠しフェンスは、大きく2つの種類に分類できます。ここからは、樹脂製とアルミ製の目隠しフェンスについて、詳しくご紹介していきます。

 

2-1.柔らかみのある樹脂製

 

樹脂製目隠しフェンスは、樹脂と木粉を材料にしてつくられています。そのため、質感が天然木に近く、遠目からだと、「木製と樹脂製との違いがほとんど分からない」という声も少なくありません。また、高価な樹脂製目隠しフェンスには、表面にサイディング加工が施され、木目調の質感をリアルに再現。上質感のある樹脂製目隠しフェンスを使えば、庭や外観をワンランク上へと導いてくれるでしょう。

 

樹脂製の目隠しフェンスについて、「変色しないの?」「ヒビ割れや劣化は?」といった質問が多く寄せられます。結論をいえば、経年劣化や変色といった心配は、ほとんど必要ありません。樹脂製の目隠しフェンスは耐久性が高いため、数十年は持つと言われており、水に濡れて腐ることも、害虫による被害もないでしょう。木目調ならではの質感を、メンテナンスフリーで使い続けることができるのは、うれしいメリットですよね。

 

2-2.カッチリした印象のアルミ製

 

アルミ製の目隠しフェンスなら、樹脂製よりもカッチリした印象に仕上がります。木目調の目隠しフェンスを使って、モダンやスタイリッシュな雰囲気を目指したい方におすすめです。デザインが豊富なため、さまざまな形状やカラーの中から選べるのも魅力のひとつでしょう。

 

また、アルミ製の目隠しフェンスには、軽量でサビにくい特徴があります。そのため、高い耐久性を誇り、いつまでも初期の外観を維持しながら、使い続けることができます。メンテナンスもいらず、汚れた箇所は拭き取るだけで、お手入れも簡単です。

 

ただ、アルミ製のデメリットには、衝撃に少し弱い点が挙げられます。台風や強風の日に障害物が飛んでくると、衝撃でフェンスが曲がったり破損したりするリスクがあります。また、商品によりますが、樹脂製とアルミ製で、同じ幅・高さで目隠しフェンスをつくる場合、アルミ製の方が2〜3割程度高くなることが多いです。

 

このように、樹脂製とアルミ製は、質感や強度、費用なども異なります。それぞれの特徴を知ることも大切なポイントですよ。

 

3.木目調の目隠しフェンスにおすすめのタイプは?

 

ここからは、木目調の目隠しフェンスにおすすめのタイプをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

3-1.横格子タイプ

 

木目調の目隠しフェンスの中で、多く使われているのが横格子タイプです。ボーダーフェンスとも呼ばれ、美しい横のラインを描きながら、家や庭が丸見えになるのを防ぎます。隙間の幅は、風通しを良くし、日光が庭に入りやすくなるため、ガーデニングが趣味の方や自然な目隠しをしたい方にぴったりです。

 

3-2.縦格子タイプ

 

木目調の縦格子タイプは、和の雰囲気やモダンなデザインが好みの方におすすめです。特に人気のある商品は、高さのある縦格子で、高級感や洗練された空間づくりができます。玄関や窓の一部分の目隠しだけでも、存在感が抜群です。

 

縦格子タイプは、植栽との組み合わせで、よりナチュラルな雰囲気の庭へと変化。目隠し効果もアップするので、安心できるおしゃれな庭が広がるでしょう。

 

3-3.ルーバータイプ

 

道路を歩く人や外からの視線を完全に遮りたいなら、ルーバータイプの目隠しフェンスを選びましょう。一見、隙間がないように思われがちですが、実は風が通るように隙間が空いているため、通気性をしっかり確保。そのため、強風が吹いても影響が少なく、安心できます。木目調ならではの優しい雰囲気に、ルーバータイプの目隠しフェンスによる圧迫感も感じにくいでしょう。

 

4.まとめ

 

今回は木目調の目隠しフェンスについて、樹脂製、アルミ製、おすすめのタイプなどをご紹介しました。樹脂製とアルミ製は、ともに耐久性が高く、長持ちする目隠しフェンスです。木目調の目隠しフェンスを使い、ナチュラルで優しい住まいづくりをしてみてはいかがでしょうか?

 

お庭づくりの専門家が相談にのります ーお問合せはこちらからー

相談しながら進められるから安心

お庭の目隠しやお庭づくりって、いざ検討し始めると分かりにくいですよね。
ご相談でも「なんとなくイメージはあるんだけど・・・」という場合がほとんど。

そんなお困りの際は、気軽に相談できる私たちにご連絡ください。プロならではの対応策を、分かりやすく丁寧にご説明します。

規模の大小は問いません。ご都合に合わせて下記ボタンからお選びいただき、
お気軽にお問合せ下さい。

よくあるご質問

Q.費用の見当がつかない・・・。
A.ご安心ください。お打ち合わせ時、「この面積をこの素材で施工するといくら位」、「ここを作り替えるといくら位」など概算額をお伝えしますので、ご予算のイメージをつかんでいただけます。
Q.庭づくりが初めてで、どう伝えたら・・・。
A.大丈夫です!私たちはじっくりお客様と会話を重ね、ご要望を引き出しながらご提案します。安心してお任せを。もしお気に入りの雑誌や写真などあれば遠慮なくお見せ下さい。
Q.小さい庭だけど、対応してもらえるかしら・・・?
A.もちろん可能です。規模の大小にかかわらず、遠慮なくご相談ください。