高いところからの視線を遮る目隠しの方法

高いところからの視線を遮る目隠しの方法

高い位置に隣家があると、「庭が丸見えになっていないか」「何となく視線が気になってしまう」など、落ち着いて生活ができないという方が多くいます。隣にマンションがある家庭では、背の高いフェンスを設置していても、完全に目隠しができないケースもありますよね。快適に暮らすためには、プライバシーが確保できる「目隠し」が必要です。

 

こちらの記事では、高いところからの視線を遮る目隠し方法を解説します。高い目隠しフェンスのポイントや、高い位置からの視線を遮るおすすめの種類をヒントに、居心地の良い住まい作りへと役立てましょう。

 

1.高い目隠しフェンスで視線を遮るポイント

 

背の高い目隠しフェンスは、「隣家と高低差がある」「2階からの視線が気になる」「道路からの目線を遮りたい」という悩みを解決してくれるアイテムです。ただ、土地の状況やフェンスの種類によって、視線を遮り方は左右されます。そのため、ポイントを押さえて選ぶ必要があります。まずは、高い目隠しフェンスを使って、上手に視線を遮る方法をお伝えしていきましょう。

 

1-1.目線の高さを測ろう

 

日本人男性の身長は、170cm〜190cmくらいまでの方がほとんどです。ここから約10cm引くと目線の高さが測れるので、フェンスに必要な高さが明確になり、通行人や道路からの目隠しができます。

 

ただ、家の中と外にいるときで、立っている場所の高さは異なりますよね。また、隣家の2階や高い位置からは、斜めや上から視線が入ってくるケースも多いです。背の高い目隠しフェンスを設置するなら、土地の高低差や周辺の状況に合わせて、目線の高さを正確に測ることが大切なポイントです。

 

1-2.フェンスの隙間

 

背の高い目隠しフェンスは、隙間の間隔にも重点を置きましょう。プライバシーを確保したい場所には、隙間がほとんどないフェンスを選び、完全に目隠しできるフェンスがおすすめです。けれど、背の高い目隠しフェンスは、圧迫感や閉塞感が出てしまい、家の中が暗くなってしまうリスクもあります。

 

リビングダイニングなどの開放的な場所には、隙間のある半目隠しタイプのフェンスを選ぶと、風や明るさが取り入れられるでしょう。通気性が良く、目隠し効果も期待できるルーバータイプや格子フェンスも、背の高い目隠しフェンスにおすすめですよ。

 

1-3.素材選び

 

目隠しフェンスには、さまざまな素材があります。特におすすめなのが、不透明なパネルを使ったフェンスです。先にお伝えした通り、背の高い目隠しフェンスは光を通さず、圧迫感も気がかりです。しかし、不透明なパネルを使ったフェンスなら、視線を遮りつつ明るさを確保し、開放的な空間が作れます。

 

アルミや樹脂など素材は、耐久性に優れているので、安心して長く使用できるのもうれしいですね。外観や庭のおしゃれな空間作りにも役立つでしょう。

 

背の高い目隠しフェンスは、費用が高くなりがちです。後で後悔することのないよう、素材ごとのメリットやデメリットを知り、用途にあったものを選びましょう。

 

2.高い位置からの視線を遮るおすすめの種類

 

背の高い目隠しフェンスを使っても、お隣との高低差がある土地や、隣のマンションやアパートなど、高い場所からの視線を遮るのはとても困難です。そこで次は、上からの視線や斜めからの視線を遮るのに役立つ、おすすめの種類をご紹介します。

 

2-1.シェード

 

シェードは高い位置からの視線を遮るのにぴったりのアイテムです。取り外しや収納が可能なので、必要な時にだけ上からの目隠しができます。また、シェードのメリットは、目隠しだけではありません。断熱・紫外線カット・防水性にも優れており、物によって自宅で洗濯もできます。

 

しかし、雨の日や風が強い日には、シェードは使えないので、汚れたり飛ばされたりする前に、家の中に取り込みましょう。気軽に取り付けられるシェードを使い、窓やウッドデッキ、庭の目隠しに役立ててくださいね。

 

2-2.オーニング

 

オーニングは主に、雨よけや日よけに活用されているので、多少の雨ならしっかり防ぎます。上からの視線を遮り、家の中が丸見えになるのを防ぐ役割もあるため、隣にマンションやアパートがある家や、隣家の2階からの視線が気になるという方には魅力的ですね。

 

暑い時期にはオーニングの断熱効果で、省エネにも期待できます。また、出し入れが自由にできるタイプなら、洗濯物を隠したり、寝転んだりするときにも、目隠しをするのに活躍するでしょう。

 

2-3.テラス屋根

 

高い位置からの目隠しには、テラス屋根がおすすめです。不透明な屋根パネルは、上からの視線を遮りつつ、光や明るさを取り入れることができます。ベランダやリビングダイニングの窓に取り付ければ、開放的な雰囲気が広がりますね。柱や枠のデザインは、木目調やモダンテイストなど、いくつかの種類があるため、家の外観やイメージに合わせて設置ができます。

 

ただ、雪がたくさん降る地域では、テラス屋根の選び方に注意する必要があります。住んでいる地域の積雪量をかんがみて、雪の重さに耐えられるテラス屋根を選びましょう。

 

3.まとめ

 

周囲の気になる視線は、目線を遮る高い目隠しフェンスや、高い位置からの視線をカットできるシェード、オーニング、テラス屋根を活用しましょう。プライバシーを守れる目隠しを使い、居心地の良い住まい作りに役立ててください。

 

今回ご紹介したものは、種類によって費用や素材、耐久性など、大きく異なります。自宅の環境や状況に合わせて、柔軟に対応してくれる外構業者に一度、相談してみるのもおすすめですよ。

 

お庭づくりの専門家が相談にのります ーお問合せはこちらからー

相談しながら進められるから安心

お庭の目隠しやお庭づくりって、いざ検討し始めると分かりにくいですよね。
ご相談でも「なんとなくイメージはあるんだけど・・・」という場合がほとんど。

そんなお困りの際は、気軽に相談できる私たちにご連絡ください。プロならではの対応策を、分かりやすく丁寧にご説明します。

規模の大小は問いません。ご都合に合わせて下記ボタンからお選びいただき、
お気軽にお問合せ下さい。

よくあるご質問

Q.費用の見当がつかない・・・。
A.ご安心ください。お打ち合わせ時、「この面積をこの素材で施工するといくら位」、「ここを作り替えるといくら位」など概算額をお伝えしますので、ご予算のイメージをつかんでいただけます。
Q.庭づくりが初めてで、どう伝えたら・・・。
A.大丈夫です!私たちはじっくりお客様と会話を重ね、ご要望を引き出しながらご提案します。安心してお任せを。もしお気に入りの雑誌や写真などあれば遠慮なくお見せ下さい。
Q.小さい庭だけど、対応してもらえるかしら・・・?
A.もちろん可能です。規模の大小にかかわらず、遠慮なくご相談ください。